動画共有アプリ「動次」:シリーズAで数億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

動画共有アプリ「動次」:シリーズAで数億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ショート動画共有アプリ「動次(Dong Ci)」は、シリーズAで数千万元(数億円)を調達する。リード・インベスターは「坤言資本(Kunyan Capital)」、愛奇芸(アイチーイー/iQIYI.COM)傘下の「奇芸博同基金(Qiyi Botong Fund)」。
坤言資本は以前、ミニ動画コンテンツプラットホーム「二更(Er Geng)」と、児童文学コンテンツ制作販売の「凱叔講故事(Kaishu Story Jiang Gushi)」にも投資している。動次は今年4月にも、「創成伙伴資本(China Creation Ventures)」をリード・インベスター、「蓮花資本(Lotus Capital)」をコ・インベスターとして、数億円を調達した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録