テンセント、日本のSwitch用ゲーム「ニンジャラ」制作グループを買収

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセント、日本のSwitch用ゲーム「ニンジャラ」制作グループを買収

続きを読む

テンセント(騰訊)は50億円以上を拠出し、日本のデジタルエンタテインメント開発グループ「Wake Up Interactive(ウェイクアップインタラクティブ)ホールディングス」の株式約90%を取得したという。同グループは任天堂のゲーム機Nintendo Switch向けにいくつもの人気ゲームを開発してきた。

特に傘下のゲーム開発会社「ソレイユ(Soleil)」は、ヒット作「ニンジャラ(Ninjala)」の開発協力をし、「Travis Strikes Again: No More Heroes(トラヴィス・ストライクス・アゲイン;ノーモア☆ヒーローズ)」の開発にも携わっている。

過去2年間、テンセントはアニメやゲームなどの知的財産を獲得し、中国国内市場への依存度を低下させるため、日本で積極的に新たな人材を採用してきた。日本の大手出版社であるKADOKAWAグループは先月、テンセントが約300億円を投じて同社の6.86%の株式を取得する予定だと発表している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録