AIソリューション企業「愛筆智能」:シリーズAで約68億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AIソリューション企業「愛筆智能」:シリーズAで約68億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

バイドゥ研究院の前院長・林元慶が設立したAIトータルソリューション企業「愛筆智能(Aibee)」は、シリーズAで6,000万ドル(約68億円)を調達した。リード・インベスターは、「紅星美凱龍(Red Star Macalline)」と「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」)、コ・インベスターは、「レノボ・キャピタル&インキュベーター(聯想創投)」、「険峰長青(K2VC)」、「中麗和財基金」、「C Ventures」などの既存株主。その他に著名な投資機関も出資に加わった構。調達した資金は、AI技術の研究開発と、高度人材の獲得、AI技術の大規模商用化などに充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録