中国配車最大手「滴滴(DiDi)」が米上場廃止、香港で再上場か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国配車最大手「滴滴(DiDi)」が米上場廃止、香港で再上場か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国オンライン配車最大手「滴滴出行(DiDi Chuxing)」が、来年3月頃に香港でのIPO目論見書提出を目指していることを関係者が明らかにしたと報じられた。

滴滴は12月3日、同社の公式微博(中国版ツイッター)で「慎重に検討した結果、弊社は本日よりニューヨーク証券取引所の上場廃止手続きを開始し、香港での上場に向けた準備を始めた」とコメントしている。

同社は今年の6月30日にニューヨーク証券取引所への上場を果たしたばかりだが、その直後、中国政府が滴滴に対するサイバーセキュリティに関する審査を実施すると発表した。その期間中、新規ユーザーの登録を一時停止している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録