3Dデータ視覚化技術の「粒界科技」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

3Dデータ視覚化技術の「粒界科技」:シリーズAで数億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

3Dデータ・ビジュアライゼーション(視覚化)技術の研究開発を行う「粒界科技(GritWorld)」が、シリーズAで数億円を調達した。リード・インベスターは「線性資本(Linear Venture)」、コ・インベスターは「将門創投」。資金は技術研究開発と市場開拓に充てられる。粒界科技は、映画・アニメ制作の「玄機科技(Sparkly Key Animation Studio)」や「福熙影視」、映像ソリューション大手の「中科大洋(DAYANG)」、映像コラボ・スリルライド製作の「Dynamic Attractions」など、多数のクライアントを抱えており、今年の売上は1200万元(約2億円)を超える見通しだ。同社は、、リアルタイム・レンダリング技術を応用した映像製作プラットフォーム「Gritvis for Cinema」の研究開発を行っており、生み出されたビジュアル・テクノロジーは、、映画・アニメ分野のほかスマートシティの発展にも寄与している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手