スマートシティ技術の「竜合智聯」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

スマートシティ技術の「竜合智聯」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

続きを読む

IoTテック企業の「竜合智聯」が、エンジェルラウンドで1000万元(約1.6億円)の資金を調達した。「南通英集建設工程(Yingji Construction)」(未公開株を保有)及び個人投資家が共同で出資した。調達資金は、資材調達やオフライン・チャネルの構築などに充てられる。竜合智聯は今年9月、江蘇省如皋市で設立され、主にIoT、ブロック・チェーンなどの技術を活用し、スマートハウスや工業省エネの分野で成長。家庭や工場、複合商業施設、地方自治体向けに、自社開発のトータル・ソリューションやスマート・ソフト、ハードウエア製品を提供している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手