物流サービス「凱京科技」:シリーズCで約160億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

物流サービス「凱京科技」:シリーズCで約160億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ワンストップ物流ソリューションを提供する「凱京科技(Keking Technology)」が、シリーズCで10億元(約160億円)を調達した。リード・インベスターは「アント・フィナンシャル(螞蟻金服)」と「大鉦資本(Centurium Capital)」、コ・インベスターは「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」、「徳邦証券(Tebon Securities)」、「滕瀾実業(Tenglan Industry)」。資金は、SaaSプラットフォーム「凱京物流クラウド」の研究開発及び市場開拓に充てられる。凱京科技は2015年7月に創業し、零細物流企業やドライバーを対象に、データ、テクノロジー、金融サービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録