Z世代向けのセレクトショップ「KNOWIN」、アリババなどから数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

Z世代向けのセレクトショップ「KNOWIN」、アリババなどから数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

Z世代に特化したアパレル・雑貨セレクトショップ「KNOWIN(潮流実験室)」が数億元(数十億円)を調達した。リード・インベスターはアリババグループ、コ・インベスターは既存株主の「雲九資本(Sky9 Capital)」「経緯創投(Matrix Partners China)」「真格基金(Zhen Fund)」。今回は、同社による今年3回目の資金調達であると同時に、同業種で最高額の資金調達となる。

2020年に設立されたKNOWINは、消費力のある20~30代の若者をターゲットに、展示販売、ブランドマーケティング、インキュベーションを統合した、ワンストップのトレンド・ライフスタイル・プラットフォームだ。トレンドシューズ、アパレル、デザイナーズトイ、アクセサリーという4大カテゴリーを中心に商品を展開している。

20年10月1日、上海に1号店をオープンし、現在では成都、北京、武漢、長沙に4つの旗艦店を構えている。21年12月末には、杭州と上海にも旗艦店をオープンする予定だ。

同社によると、上海1号店の初月売上は400万元(約7185万円)を超えたという。現在では、同店ならびに成都の旗艦店が順調で、1店舗あたりの月平均売上は1000万元(約1億7965万円)を上回るとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録