IoT通信チップメーカーの「芯翼信息科技」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

IoT通信チップメーカーの「芯翼信息科技」:シリーズAで数億円を調達

続きを読む

IoT向け通信チップを製造・販売する「芯翼信息科技(Xinyi Information Technology)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「邦盛投資(Bangsheng Equity Captial Fund Management)」、「前海母基金(Qianhai Mother Fund)」、「七匹狼集団(Septwolves Group)」、「杭州東方嘉富資産管理(Hangzhou Oriental Jiafu Asset Management)」、「中国電子信息産業集団(China Electronic Information Industry Group)」など。資金は主に、新製品の研究開発とチーム・ビルディングに充てられる。同社はIoTセンシング技術の研究開発を行っており、その製品は、スマート・シティー、スマート物流、インダストリー4.0、スマート農業、ウェアラブル・デバイスなどで使用されている。このほかに技術支援も行う。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手