医薬品B2B向けECプラットフォームの「薬師幇」:約150億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

医薬品B2B向けECプラットフォームの「薬師幇」:約150億円を調達

続きを読む

医薬品のB2B向けECプラットフォームを運営する「薬師幇(Yaoshi-bang)」が、11月に1億3300万ドル(約150億円)を調達したと、12月16日に発表した。出資者は「老虎環球基金(Tiger Global Management)」、「H.Capital(猟人資本)」、米VC「DCM」、財務アドバイザーは「沖盈資本(Evering Capital)」。同社は今年6月にもシリーズCでDCM、「順為資本(Shunwei Capital)」、「海納亜州(SIG ASIA)」等から4億2000万元(約68億円)を調達しており、今年1年間に累計2億ドル(約220億円)近い資金を調達したことになる。シリーズAでは「復星(Fosun)」が、シリーズBでは「松禾資本(Green Pine Capital Partners)」がリード・インベスターだった。薬師幇は、薬局などが従来抱えていた買い付けの煩雑さなどの問題を解消するべく、ECプラットフォームを通じて業務改善ソリューションサービスを提供している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手