ファーウェイ、3月から日本での大型バッテリー販売を計画

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ファーウェイ、3月から日本での大型バッテリー販売を計画

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイが、2022年3月から、日本での再生可能エネルギー貯蔵用大型バッテリー販売を計画している。

同社は、「寧徳時代新能源科技(CATL)」などのバッテリーメーカーから小型電池パックを購入し、それらを組み合わせることで、最大2000kWhの電気を蓄えられるコンテナサイズのユニットにするという。

再生可能エネルギーに対する需要が高まる中で、不安定なエネルギー源から安定的に電力を供給するため、蓄電池は極めて重要だ。日本は、2030年までに発電量の36%から38%を再生可能エネルギーで賄うことを目標としている。しかし、送電網に余裕がないため、一時保管施設の重要性が一層高まっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録