21年中国スマホ出荷台数、ファーウェイ68%減 vivoシェア22%でトップに

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

21年中国スマホ出荷台数、ファーウェイ68%減 vivoシェア22%でトップに

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

市場調査会社「カウンターポイント(Counterpoint)」が、「2021年中国スマートフォン市場レポート」を発表した。 それによると、中国におけるスマートフォン市場の売り上げは4年連続で減少し、21年は前年比2%減だった。

出荷台数上位5社は、第1位vivo(シェア22%)、第2位OPPO(21%、傘下の「OnePlus」含む)、第3位アップル(Apple、16%)、第4位シャオミ(小米、15%)、第5位は同率でHonor(栄耀)およびファーウェイ(華為科技、いずれもシェア10%)だった。第6位はrealmeでシェアは3%。

成長率ランキングでは、第6位のrealmeが前年比379%増と、急速な成長を見せた。次いで第2位はアップルで47%増、第3位はシャオミで40%増だった。 一方、ファーウェイは米国による制裁の影響で68%減だった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録