コーヒーチェーンの「連珈琲」:出店加速へ、上海には旗艦店をオープン

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

コーヒーチェーンの「連珈琲」:出店加速へ、上海には旗艦店をオープン

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

コーヒーショップチェーンの「連珈琲(Coffee Box)」が、杭州で少なくとも10店舗のをオープンし、旧正月明けには上海に旗艦店をオープンさせる見通し。同社は、2018年12月にザハ・ハディド氏が北京で設計したオフィスビル「望京SOHO」に1号店を開いた。今後、中国東部地域、特に北京、上海、広州、深圳、杭州など「一級都市」の中心部に、50〜60店舗を展開する計画。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手