コーヒーチェーンの「連珈琲」:出店加速へ、上海には旗艦店をオープン

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

コーヒーチェーンの「連珈琲」:出店加速へ、上海には旗艦店をオープン

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

コーヒーショップチェーンの「連珈琲(Coffee Box)」が、杭州で少なくとも10店舗のをオープンし、旧正月明けには上海に旗艦店をオープンさせる見通し。同社は、2018年12月にザハ・ハディド氏が北京で設計したオフィスビル「望京SOHO」に1号店を開いた。今後、中国東部地域、特に北京、上海、広州、深圳、杭州など「一級都市」の中心部に、50〜60店舗を展開する計画。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録