世界最大のeスポーツ運営「VSPN」、香港で上場申請 テンセントの出資比率13.54%

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

世界最大のeスポーツ運営「VSPN」、香港で上場申請 テンセントの出資比率13.54%

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

世界最大のeスポーツ運営会社「英雄体育(VSPN Group)」が、香港証券取引所に上場申請書(Form A1)を提出した。共同スポンサーは、BofA証券、中金公司(CICC)およびクレディ・スイスが務めた。目論見書によると、既存株主のテンセント(騰訊)の出資比率は13.54%となっている。

VSPNは、「王者栄耀(Honor of Kings)」、「PUBG Mobile(和平精英)」など有名ゲーム29タイトルの公式大会やプロ大会の運営に携わり、大会の運営や事業化に加え、コミュニティの運営なども含めたワンストップ型の統合サービスを提供している。

同社は2021年9月末時点で、東南アジア、北南米、欧州の10以上の国と地域への進出を果たし、中国や韓国、東南アジアなどの市場ではリーディングポジションを獲得している。米コンサルティング会社のフロスト&サリバンのリポートによると、VSPNはアジアおよび中国におけるeスポーツ事業の運営と事業化による収益で、いずれも業界第1位となっている。

2016年に設立された同社は、テンセントのほか「快手科技(Kuaishou Technology)」やモルガン・スタンレー・プライベートエクイティ・アジアなどから資金を調達している。

(36Kr Japan編集部)

eスポーツイベント運営の「VSPN」が100億円の資金調達 テンセントや快手などが出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録