OPPO新特許取得 2カ所で折りたたみ可能なスマホか

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

OPPO新特許取得 2カ所で折りたたみ可能なスマホか

続きを読む

企業データベース「天眼查(Tianyancha)」によると、スマートフォン大手OPPOがこのほど、折りたたみ式スマホの意匠権を取得した。

意匠出願の資料によると、このスマホのポイントはその形状にある。資料に添付された画像を見ると、このスマホには2つのヒンジがあり、2カ所で折りたためるようだ。

同社は2021年12月15日、折りたたみスマホのフラッグシップモデル「Find N」を発表した。同機種には人間の椎骨を模して自社開発したヒンジが採用されている。このヒンジは136個の部品で構成され、0.01mmの精度で加工されている。これにより、本体を折りたたむとディスプレイが水滴のような形に曲がり、折り目が目立ちにくくなる。しかも、折りたたんでも隙間が生じないデザインで、ホコリも入りにくくなっている。

同機種は、ドイツの第三者検査機関「テュフ ラインランド(TÜV Rheinland)」により、ディスプレーの折り跡が従来製品と比べて最大で8割低減されると認められている。現時点で最も折り跡がつきにくいスマホだと言われている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録