テスラ、新型車載電池セル「4680」すでに100万個生産

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テスラ、新型車載電池セル「4680」すでに100万個生産

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米EV大手テスラがこのほど、カリフォルニア州のパイロットプラントで新型電池セル「4680」を100万個生産したと発表した。

4680を搭載した電気自動車(EV)「Model Y」の納車は間もなく始まる見通しで、4680の生産能力は22年末にはEV130万台分にあたる年間100Gwhに達する見込みだという。

パナソニックや「億緯鋰能(EVE Energy)」など多くの電池メーカーが、4680の生産ライン建設を加速していることも伝えられていた。

テスラによると、4680は既存の電池セル「2170」よりもエネルギー密度が5倍、蓄電容量が6倍に向上した。テスラ車に搭載した場合、航続距離は16%伸び、1kWhあたりの使用コストを14%削減することが可能だという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録