中国雑貨大手メイソウ、21年10〜12月期は純利益155%増 過去7四半期で最高

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国雑貨大手メイソウ、21年10〜12月期は純利益155%増 過去7四半期で最高

続きを読む

中国の雑貨店大手「名創優品(MINISO、メイソウ)」は3月3日、2022年度第2四半期(2021年10〜12月)の決算を発表した。これを受け、同日中にメイソウの株価は13.67%上昇し、時価総額は約30億5800万ドル(約3500億円)となった。

売上高は前年同期比21%増の27億7000万元(約500億円)となり、ほぼ新型コロナウイルス流行前の水準に回復した。非IFRS(国際会計基準)ベースの純利益は155%増の2億1000万元(約38億円)、純利益率は7.7%と過去7四半期で最高を記録した。

中国国内事業の成長とグローバル事業の回復が、大幅な増収の主な要因となった。国内事業の売上高は前年同期比12%増の20億5000万元(約370億円)、グローバル事業の売上高は55%増の7億2000万元(約130億円)だった。

メイソウは、急速な店舗拡大で売上高を伸ばしてきた。21年12月31日現在の店舗数は5045店で、うち国内店舗数は3168店だった。 22年度第2四半期は、国内での新規出店のうち約63%が三級都市以下の中小都市への出店となった。

中国雑貨店大手メイソウ、マンハッタンに新店オープン 北米110店舗目

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録