精密手術用ロボットメーカー「精勱医療」:シリーズPre-Aで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

精密手術用ロボットメーカー「精勱医療」:シリーズPre-Aで数億円を調達

続きを読む

精密手術用ロボットの研究開発メーカー「精勱医療(AccuMed)」が、シリーズPre-Aで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「三沢資本(SUNZFUND)」。精勱医療は2016年設立、コンピュータサイエンス、臨床医学、医用画像学、精密測量技術を活用し、外科手術やインターベンション治療(IVR)をサポートするシステムを提供している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手