物流テクノロジーの「牧星智能」:シリーズAで資金を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

物流テクノロジーの「牧星智能」:シリーズAで資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スマート倉庫管理システムの研究開発を行う「牧星智能(Mushiny Intelligence )」が、シリーズAで資金を調達した。出資者は「鼎暉投資(CDH Investments)」。具体的な金額は不明。資金はスマート倉庫管理アルゴリズムやロボット本体の研究開発、中国国内外での業務拡張、自社及びサードパーティによる倉庫管理サービス展開の加速に充てられる。これと同時に、前Amazonグローバル副総裁兼中国CEOのHenry Low氏が牧星智能に加わり、牧星智能グループ全体の倉庫管理業務を行う「賦恩物流」の董事長に就任する。牧星智能は、倉庫管理・物流業者に対して、倉庫の設計や設置、倉庫管理運用システム開発、コンサルティングなどのサービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録