米テスラ、世界5カ所目の工場は上海の可能性

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

米テスラ、世界5カ所目の工場は上海の可能性

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラが中国2カ所目の工場を建設すると発表して以降、湖北省武漢市、山東省青島市、遼寧省瀋陽市など約10都市が誘致競争に名乗りを上げていた。

テスラのイーロン・マスクCEOは今年1月末、「世界で5カ所目となる工場の建設地を年内に発表する」と述べた。あるアナリストは、5カ所目の工場の建設地が中国になる可能性を指摘する。

テスラが、早ければ今年3月中に上海市浦東新区の臨港新片区(エリア)で中国2カ所目の工場の建設を開始し、同工場が稼働すれば中国における生産能力が年間200万台に達するとの報道もあった。しかし、テスラ側はこれを否定している。中国経済紙「中国経営報」が3月19日に報じた。

テスラ、3月中に上海新工場着工か EV年産200万台へ

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録