中国新興EV大手3社、3月の納車台数発表 小鵬が再びトップに

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国新興EV大手3社、3月の納車台数発表 小鵬が再びトップに

続きを読む

中国新興電気自動車(EV)大手3社が4月1日、そろって3月の納車台数を発表した。

「小鵬汽車(XPeng Motors)」は1万5414台で月間納車台数1位の座を奪還。2月に1位だった「理想汽車(Li Auto)」は1万1034台で2位に陥落し、「蔚来汽車(NIO)」は9985台で3位に返り咲いた。

今年1~3月期はEVの値上げが話題となった。原材料価格の上昇と中国政府の新エネルギー車(NEV)向け補助金の削減が要因だ。

小鵬汽車と理想汽車はすでに相次いで値上げを発表している。現在のところ、蔚来汽車に値上げの動きは見られないが、今後は状況に応じた価格戦略を策定していく考えを明らかにしている。

このほかにも、半導体やパワーバッテリーなどの部品不足、新型コロナウイルス流行の再拡大など複数の懸念材料があり、3社の今後の成長に影響を与えそうだ。

中国EV各社、原材料の高騰で値上げ相次ぐ 最大約57万円

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録