アジア料理デリバリーサービスの「Chowbus」:約4億4000万円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アジア料理デリバリーサービスの「Chowbus」:約4億4000万円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米国シカゴで創業されたアジア料理デリバリーサービスの「Chowbus」が、新たに400万ドル(約4億4000万円)を調達した。リード・インベスターは「Greycroft」、「FJ labs」、コ・インベスターは「HPA」、「Fika Ventures」。資金は主に業務の拡張に充てられる。他都市への進出のほか、将来的にメニューを紙からiPadへ切替えたり、レストランのオーダーシステムとChowbusのオーダーアプリを連携させるなどを計画している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録