超音波診断装置の「思多科」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

超音波診断装置の「思多科」:シリーズAで数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

医療用超音波診断装置を研究開発する「成都思多科医療科技有限公司(Chengdu Stork Healthcare Technology Ltd., Co.)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「衆海投資(Z&H Investment)」と「普華資本(Puhua Capital)」。資金は、技術の蓄積、製品の研究開発、人材の確保に充てられる。思多科は2016年に設立され、ポータブル型の診断機器を主力商品としている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録