国学と教養教育の「秦漢胡同」:シリーズAで約16億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

国学と教養教育の「秦漢胡同」:シリーズAで約16億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

国学(中国固有の学術文化)及び伝統文化を取り入れた教養教育を行う「秦漢胡同」が、シリーズAで1億元(約16億円)を調達した。リード・インベスターは「一村資本(Yicun Capital)」、コ・インベスターは「滬江教育科技(Hujiang Education & Technology)」、「蘇州匯利華(Suzhou Huilihua)」など。秦漢胡同の創業者、王双強氏によると、資金は主にオンラインコンテンツの研究開発と教育施設「国学館」の拡充に充てられるという。同社は2002年に設立され、上海、深圳、北京などで71校を展開している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録