テンセントのゲームライブ配信プラットフォーム「企鵞電競」、6月7日でサービス終了

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセントのゲームライブ配信プラットフォーム「企鵞電競」、6月7日でサービス終了

続きを読む

中国インターネット大手のテンセント(騰訊控股)が運営するゲームライブ配信プラットフォーム「企鵞電競(Tencent egame)」が4月7日、6月7日23時59分をもってライブ配信アシスタントを含む全サービスを終了すると発表した。

中国のゲームライブ配信分野では、虎牙(HUYA)、闘魚(DOUYU)および企鵞電競が安定してトップ3を占めてきた。テンセントは虎牙と闘魚の合併に向けて協議を推進していたが、規制当局に却下され、現在は保留となっている。合併案には、企鵞電競のゲームライブ配信事業の権利を、テンセントが5億ドル(約600億円)で闘魚に譲渡するとの条項も含まれていた。

中国、ネット企業の独占を監督強化 アリババ・テンセント傘下企業が処罰対象に

調査会社「艾媒咨詢(iiMedia Research)」によると、20年第3四半期の月間アクティブユーザー数は、虎牙が7420万人、闘魚が5960万人だったのに対し、企鵞電競は546万人と他の2プラットフォームの10分の1以下にとどまっていた。

テンセントがゲーム実況配信の2強、「虎牙」と「闘魚」の合併を推進

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録