越境EC物流サービスの「無憂達」、シリーズAで数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

越境EC物流サービスの「無憂達」、シリーズAで数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

越境EC(電子商取引)物流サービスの「無憂達(51 Delivery)」が、シリーズAで数億元(数十億円)を調達した。出資者は「eWTP科技創新基金(eWTP Technology Innovation Fund)」。

無憂達は2016年に設立され、本社を浙江省寧波市、支社を上海市や広東省深圳市などに置くほか、米国本部をロサンゼルス市内に構える。発送地からターミナルまでとターミナルから届け先までの貨物輸送、海外倉庫の運営、貨物の転送および「フルフィルメントby Amazon(FBA)」サービスなどを手掛ける。傘下にはEC物流サービスの「網優達海運」、EC企業「杭州貝殻跨境電子商務」、スマート運送機器メーカー「深圳市羅賓漢智能装備」などを抱える。

国連貿易開発会議(UNCTAD)の統計によると、中国は18年、BtoCの越境ECによる輸出額で世界1位となった。中国の製造力やイノベーション力が向上するのに伴い、高単価商品や大型商品の輸出が急速に増加していることを受け、無憂達は中・大型商品向けの海外倉庫サービスに重点を置いている。すでに米国やカナダ、英国、ドイツなどで物流・倉庫・配送の基盤を構築し、越境EC企業2000社以上にサービスを提供している。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録