Anker、高速3Dプリンター発表 クラウドファンディングの出資額すでに8億円超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

Anker、高速3Dプリンター発表 クラウドファンディングの出資額すでに8億円超

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の電子機器メーカー「Anker( アンカー)」が北京時間4月6日夜、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、コンシューマー向け3Dプリンター「AnkerMake M5 3D Printer」を発表した。クラウドファンディングの目標額は5万ドル(約600万円)、募集期間は5月21日まで。

4月13日時点で、支援者は8000人を超え、目標をはるかに上回る670万ドル(約8億円)以上が集まっている。M5の基本キットの定価は759ドル(約9万円)だが、同日時点のクラウドファンディング価格は500ドル(約6万円)となっている。正式発売は今年11月の予定。

M5のプリント速度は一般的な製品の最大5倍。誤差0.1ミリの高い精度で、曲線をより滑らかにプリントできる。同社は専用アプリも開発し、スマートフォンからプリントの進捗状況を確認できるようにした。

Ankerの創業は2011年。モバイル端末用のバッテリーやケーブル類、ヘッドフォン、スピーカーなどを手掛けてきた。中国のほか、北米や日本、欧州などの100以上の国と地域で事業を展開し中国の電子機器メーカーとしては売上高最大級を誇る。20年8月に深圳証券取引所の新興企業向け市場「創業板(ChiNext)」に上場し、時価総額は800億元(約1兆5200億円)を突破している。

中国越境ECのパイオニア、電子機器大手「Anker」、時価総額1兆円超までの道のり

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録