がん検診装置の「燃石医学」:シリーズCで約140億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

がん検診装置の「燃石医学」:シリーズCで約140億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

がん検診装置を研究開発する「燃石医学(Burning Rock)」が、シリーズCで8億5000万元(約140億円)を調達した。リード・インベスターは「シンガポール政府投資公社(GIC)」、コ・インベスターは「済峰資本(LYFE Capital)」、「招銀国際(CMB International Capital)」、「礼来亜洲基金(Lilly Asia Ventures)」、「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国)」、「太和資本(TIGER CAPITAL)」。資金はスクリーニング検査装置の研究開発に充てられ、検査対象の拡大を図る。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録