中国BYD、地平線機器人の自動運転向けAIチップ採用 搭載車種は早ければ23年発売

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国BYD、地平線機器人の自動運転向けAIチップ採用 搭載車種は早ければ23年発売

続きを読む

中国の電気自動車(EV)大手「比亜迪(BYD)」と自動運転向け人工知能(AI)チップメーカー「地平線機器人(Horizon Robotics、ホライズン・ロボティクス)」はこのほど、BYDの一部車種にホライズンのAIチップ「Journey 5(征程5)」を搭載することで合意したと発表した。Journey 5を搭載した車種は、早ければ2023年中に発売される予定。

BYDがホライズンに出資し、戦略的提携を締結して以降、両社による業務協力は画期的な進展を遂げ、BYDはJourney 5の搭載を最初に発表したEVメーカーとなった。今後はBYDの幅広い車種にJourneyシリーズのチップが搭載される見込み。

中国AIチップ「地平線」、完全自動運転対応「Journey 5」をリリース

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録