2022年、世界eスポーツの売り上げ1700億円超の見込み シェアは中国がトップ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

2022年、世界eスポーツの売り上げ1700億円超の見込み シェアは中国がトップ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

オランダの市場調査会社「Newzoo」は4月20日、世界のeスポーツ産業およびライブストリーミング市場に関するリポートを発表した。同社は、2022年のeスポーツ産業の売上高は前年比22%増の13億8000万ドル(約1700億円)となり、中国がシェアの3分の1を占めると予測している。

現在の地域別シェアは中国が1位、米国が2位となっているが、東南アジア、中央アジア、南アジアおよび中南米の伸びも著しい。

欧米地域最大のeスポーツ専門ライブストリーミングプラットフォームは、米アマゾン・ドット・コム傘下の「Twitch」で、21年の視聴者数は8億1000万人、視聴時間は200億時間を超えた。25年の視聴者数は14億1000万人に達すると予想されている。2位の「YouTube Gaming」の視聴時間は約47億時間だった。

eスポーツ産業は現在、オンラインでの大会やクラブを中心に多くのユーザーを集めている。また、オフラインでの大会観戦などともリンクさせ、ユーザー数を着実に伸ばしている。

「eスポーツホテル」に「レトロリノベホテル」……中国で今後トレンドとなるホテルとは

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録