開発者向けコミュニティー「InfoQ」運営の「GeekBang」、シリーズB+で約20億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

開発者向けコミュニティー「InfoQ」運営の「GeekBang」、シリーズB+で約20億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

Kaas(Knowledge-as-a-Service)型学習プラットフォームを提供する「GeekBang(極客邦科技)」が、シリーズB+で1億元(約20億円)を調達した。リード・インベスターは「東方富海(Oriental Fortune Capital)」、コ・インベスターは「賽智伯楽」など。

2007年に設立されたGeekBangは、北京市に本社を置き、中国の各都市のほか、米国やフランス、ドイツ、オランダ、イスラエル、日本などの国で事業を展開する。同社は国際的なソフトウエア開発者向けコミュニティー「InfoQ」を構築し、「QCon」や「ArchSummit」などのイベントを開催している。また、トップ技術者のコミュニティ「TGO(鯤鵬会)」の立ち上げや、デジタル技術のオンライン学習プラットフォーム「GeekTime(極客時間)」の開発を行うなど、技術者集団、技術主導型企業、デジタル産業およびデジタル人材育成の分野に対し、幅広い影響力を持っている。

開発者向けコミュニティー「InfoQ」の運営元が資金調達、デジタル人材の育成に期待

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録