ビッグデータ処理技術の「涛思数据(TAOS Data)」:シリーズPre-Aで資金を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ビッグデータ処理技術の「涛思数据(TAOS Data)」:シリーズPre-Aで資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ビッグデータ処理技術を開発する「涛思数据(TAOS Data)」がシリーズPre-Aの完了を発表した。出資者は「永輝水瑞金」と「温青投資」だが、具体的な金額は公開されていない。資金は主に技術開発と市場開拓に充てられ、とくに米国など海外市場を開拓する。2017年に設立された涛思数据は、フルラインナップ、高性能、低コストの技術ソリューションをビッグデータ関連企業に提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録