中国新興RPAメーカー「分叉智能」、米ゴールドマンなどから約125億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国新興RPAメーカー「分叉智能」、米ゴールドマンなどから約125億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を手掛ける人工知能(AI)技術企業「杭州分叉智能科技有限公司」(以下「分叉智能」)が、シリーズCで1億ドル(約125億円)を調達した。リード・インベスターは米ゴールドマン・サックスと業界のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)。コ・インベスターは既存株主の「紀源資本(GGV Capital)」や「高瓴創投(GL Ventues)」など。

分叉智能は2021年7月、米ヘッジファンドの「Coatue Management(コーチュー・マネジメント)」が主導するシリーズBで5000万ドル(約62億5000万円)を調達した。コーチュー・マネジメントはRPA大手の米「Uipath(ユーアイパス)」にも出資している。

分叉智能は2019年に設立された。同社の主力製品であるRPAソフトウエアロボット「影刀(ShadowBot)」は、人間のさまざまな操作をシミュレートし、あらゆるアプリケーションでマウスクリック、キーボード入力、情報の読み取りなどの操作を自動化して行うことができる。このプロダクトは、デスクトップソフトウエアとウェブプログラム、スマートフォン、マウスとキーボード、エクセル、データベースおよびSQLに関する自動化機能を備えている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録