中国スマホ大手3社、上海ロックダウンを受け出荷台数を調整

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国スマホ大手3社、上海ロックダウンを受け出荷台数を調整

smartphone
続きを読む

中国スマートフォン大手の小米(シャオミ)とOPPO(オッポ)、vivo(ビボ)の3社が、サプライヤーに対し、今後数カ月にわたって発注量を削減すると通知した。新型コロナウイルスの感染拡大で上海市のロックダウン(都市封鎖)が続き、サプライチェーン(供給網)の混乱や需要の減速を考慮したという。日本経済新聞が報じた。

関係者によると、小米は、年間販売目標を当初の2億台から1億6000万〜1億8000万台に引き下げるとサプライヤーに伝えた。OPPOやvivoも今四半期と来四半期の発注を約20%削減し、販売店などに残っている過剰在庫を消化するという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録