中国の培養肉スタートアップ「CellX」、シリーズAで約19億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国の培養肉スタートアップ「CellX」、シリーズAで約19億円調達

続きを読む

動物の細胞を培養して得られる培養肉を開発する「CellX」がこのほど、シリーズAで約1億元(約19億円)を調達した。出資者は、本ラウンドで新たに加わった「佳沃創投(Joyvio Capital )」などのほか、既存株主の「Lever China Alternative Protein Fund(力矩中国替代蛋白基金)」、英「Agronomics」、独「Better Bite Ventures」など。

2020年に設立されたCellXは、競合他社が挽き肉タイプの製品に注力するのとは異なり、主に構造化されたブロック肉に力を入れている。共同創業者の黄彬璐博士によると、同社は安定生産が可能な細胞種と、それに対応した低コストの培養基をすでに確保したという。同社は現在、培養肉のパイロット試験を進めており、最初の製品が2年以内に発売される見込みとなっている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録