アップル、Apple Watchをより薄く 動くバッテリーを利用した振動機能で特許取得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アップル、Apple Watchをより薄く 動くバッテリーを利用した振動機能で特許取得

続きを読む

米アップルが現在、スマートウオッチ「Apple Watch」の本体の中のバッテリーを動かすことで、装着者に振動などの触覚フィードバックを提供する方法を研究していることが分かった。米メディア「AppleInsider」が報じた。

アップルはApple Watchをより薄くする努力を続けている。現行のApple Watchには、微小なモーターで振動を伝える触覚エンジン「タプティックエンジン」が搭載されている。同社は現在、本体内でタプティックエンジンが占めているスペースを省くため、バッテリーに触覚エンジンの役割も担わせられないか検討している。

米メディア「AppleInsider」より

新たに取得した特許「Portable Electronic Device Having a Haptic Device with a Moving Battery Element(可動バッテリーを触覚デバイスとする携帯用電子機器)」は、触覚エンジンを再定義しようとする数多くの試みの中で最も新しいものだという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録