共同購入プラットフォーム「松鼠拼拼」:シリーズB1で約35億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

共同購入プラットフォーム「松鼠拼拼」:シリーズB1で約35億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「社区」(中国独自の地域コミュニティ、行政単位)向け共同購入プラットフォームを運営する「松鼠拼拼(Songshu Pinpin)」が、春節前にシリーズB1で3100万ドル(約35億円)を調達した。リード・インベスターは「高瓴資本(Hillhouse Capital)」と「和玉資本(MSA Capital)」、コ・インベスターは、いずれも既存株主の「IDG」、「雲九資本(Sky9 Capital)」、「美団網(Meituan)」元COO干嘉偉氏など。財務アドバイザーは「指数資本(Index Capital)」。資金はサプライチェーンの改善、マーケティング、チームの拡張、システムの最適化に充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録