ビジネス注目記事

ニュース検索サイトの「一点資訊」、中国上場に向け株主構成を調整

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ニュース検索サイト「一点資訊(ParticleNews)」創業者兼CEOの任旭陽氏は2月25日付けの社内メールで、5億ドル(約555億円)規模の株式の移動に向けた準備が完了したことを明らかにした。

大株主であるポータルサイト「鳳凰網(ifeng.com)」は、、一点資訊の親会社である「Particle」の発行済み株式37.63%を保有しており、このうち32%を4億4800万ドル(約492億8000万ドル)で投資家に売却する予定である。一点資訊の株主構成を最適化し、VIE(変動持分事業体)スキームを解消することで、同社が国内A株市場または新市場「科創板」に上場するための環境整備を進める。

メールの中で、大規模な資金調達が進められていることも明らかにされた。調達した資金は主にコンテンツエコシステムの構築、技術開発やブランド認知度の向上に充てるほか、成長する上で必要となる人材を招聘していくという。
(翻訳・池田晃子)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録