アップル、iPhone 14のフロントカメラに韓国LGイノテック製採用

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アップル、iPhone 14のフロントカメラに韓国LGイノテック製採用

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アップルは今秋発売予定のスマートフォン「iPhone 14」シリーズで、電子部品大手の韓国LGイノテック製のフロントカメラ(インカメラ)を初めて採用する模様だと韓国メディアが報じた。

アップルは当初、来年発売予定の「iPhone 15」シリーズでLGイノテック製のフロントカメラを採用する計画だった。しかし、iPhone 14シリーズのフロントカメラを供給する予定だったサプライヤーの1社に品質上の問題が見つかったため、計画を前倒ししたとみられる。同シリーズのフロントカメラのサプライヤーは、LGイノテックとシャープになる見込み。

この情報が事実であれば、LGイノテックは今回初めてiPhoneのフロントカメラを供給することとなる。同社はこれまで、iPhoneのリアカメラ(メインカメラ)を供給してきた。

業界関係者によると、iPhone 14シリーズのフロントカメラは、オートフォーカス機能などを追加したため、従来よりも価格が上昇している。LGイノテックはiPhone 14シリーズのフロントカメラの受注で数兆ウォン(数千億円)の収益が見込めるという。

複数のアナリストが、iPhone 14 ProシリーズのリアカメラがiPhone 13 Proシリーズの1200万画素から4800万画素にアップグレードされると予測している。フロントカメラのアップグレードが実現すれば、iPhone 14 Proシリーズの撮影機能は飛躍的に向上する。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録