スマートデータテクノロジーの「奇天雲」:シリーズAで約10億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

スマートデータテクノロジーの「奇天雲」:シリーズAで約10億円を調達

続きを読む

「杭州比智科技有限公司」が運営するスマートデータテクノロジーサービス「奇点雲」が、2018年12月末にシリーズAで6000万元(約10億円)を調達した。リード・インベスターは「晨興資本(Morningside Venture Capital)」、コ・インベスターは「IDGキャピタル」、「浙商創投(Zheshang Venture Capital)」、「禧筠資本(XY Capital)」。資金は主に、研究開発及びチーム拡充、技術力の蓄積に充てられる。奇点雲の創業者・張金銀CEOは、アリババで12年のキャリアを持ち、アリババクラウド・ビッグデータ事業部総監等を務めた。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手