中国BYD、米テスラにバッテリー製品を提供へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国BYD、米テスラにバッテリー製品を提供へ

続きを読む

中国の電気自動車(EV)大手「比亜迪集団(BYDグループ)」執行副総裁兼汽車工程研究院院長の廉玉波氏は6月8日、同社が米EV大手テスラにバッテリー製品を提供すると明らかにした。廉氏は「テスラは非常に成功している企業だが、BYDは非常に経験が浅い。テスラを尊敬し、敬服している。イーロン・マスクCEOはBYDの良き友人である」と述べた。

中国の経済系メディア「華爾街見聞」のコラム「見智研究」は、「テスラとBYDはいずれも世界有数の新エネルギー車(NEV)メーカーだが、BYDは電池の搭載容量で世界3位のバッテリーメーカーでもある」とした上で、「両社はNEVの分野では競合関係にあるが、駆動用バッテリーの分野では相補関係を築くことが期待される。BYDは駆動用バッテリーを他社に供給する割合を高めるため、テスラからの大量受注を必要としている。一方、テスラは急拡大するニーズに対応するため、BYDの高品質なリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを求めている」と指摘している。

中国BYD、時価総額で自動車メーカー世界3位に

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録