世界モバイルアプリ売上高ランキング、TikTokが約360億円で首位キープ 22年5月

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集注目記事

世界モバイルアプリ売上高ランキング、TikTokが約360億円で首位キープ 22年5月

続きを読む

米モバイルアプリ調査会社のSensor Towerがこのほど、2022年5月の世界モバイルアプリ(ゲームを除く)売上高ランキングを発表した。

TikTokとその中国版「抖音(Douyin)」はApp StoreとGoogle Playでの売上高が前年同月比1.6倍の2億7700万ドル(約360億円)を超え、ランキング1位をキープした。国別の内訳は、約47.5%が中国本土、17.7%が米国、4%がサウジアラビアとなっている。

2位のYouTubeは17.6%増の約1億1900万ドル(約150億円)を売り上げた。 内訳は、40.1%が米国、19.6%が日本だった。

3位以下はクラウドサービス「Google One」、マッチングアプリ「Tinder」、漫画アプリ「ピッコマ」の順だった。

Sensor Towerの売上高には、アプリ内広告やオンライン配車サービス、レストラン予約、オンラインショッピングなど、サードパーティーの決済チャネルを通じて発生する売上高は含まれない。税金や返金も反映されない。また、中国やその他の地域におけるサードパーティのAndroidアプリストアのデータも含まない。

世界モバイルアプリ売上高、TikTokが約3億ドルで1位を維持 22年4月

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録