中国EV「NIO」、大型電動SUV「ES7」発表 3.9秒で時速100キロ到達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EV「NIO」、大型電動SUV「ES7」発表 3.9秒で時速100キロ到達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の電気自動車(EV)メーカー「NIO(蔚来汽車)」は6月15日、第2世代技術プラットフォーム「NT2.0」で開発した初の大型電動SUV「ES7」を発表した。メーカー希望小売価格は46万8000〜54万8000元(約930~1100万円)で、8月28日に納車を開始する予定となっている。

NIOの創業者で会長兼CEOの李斌氏は「ES7にはシリコンカーバイド(SiC)製パワーモジュールを用いた第2世代高効率電気駆動プラットフォームを採用した。時速100キロまでわずか3.9秒で加速する」と説明した。

ES7に搭載するバッテリーパックの航続距離は、中国の独自走行サイクル「CLTCモード」でスタンダードレンジ(75kWh)が485km、ロングレンジ(100kWh)が620km、ウルトラロングレンジ(150kWh)が850km超となっている。また、ES7は、中国で初めてキャンピングトレーラーなどをけん引して公道を走行する認可を取得している。

中国版テスラ「NIO(蔚来汽車)」、25年には25カ国・地域に進出

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録