テンセント、音楽配信の「QQ音楽」にアバターコミュニティ機能追加

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント、音楽配信の「QQ音楽」にアバターコミュニティ機能追加

続きを読む

中国IT大手、騰訊控股(テンセント)傘下の音楽配信プラットフォーム「QQ音楽(QQ Music)」のベータ版(試用版)にこのほど、ユーザー同士がバーチャル空間で交流できるアバターコミュニティ機能「Music Zone」が追加されたことが分かった。36Kr傘下のメディア「Tech星球」が報じた。

ユーザーは、バーチャル空間の中で「家」を手に入れ、自由に内装をアレンジできる。部屋の壁には楽曲リストが表示され、プレーヤーをタップすれば楽曲が再生される仕組みとなっている。友人の家を訪問して一緒に音楽を聞くことも可能。アバターは、無料で用意される画像に加え、有料のNFT(非代替性トークン)画像から選択し、自由に変更できる。

新たなサービスを打ち出したのはQQ音楽だけではない。IT大手、網易(ネットイース)傘下の音楽配信プラットフォーム「網易雲音楽(NetEase Cloud Music)」もこのほど、音楽好きのためのSNS「MUS」を発表した。

網易雲音楽とQQ音楽は長くライバル関係にある。新サービスの位置付けはそれぞれ異なるものの、いずれも音楽を通じたコミュニティの構築に焦点を当てている。音楽配信プラットフォームが発展する方向として、新たな形の音楽SNSが主流になっていきそうだ。

ネットイース、同社初の音楽SNS「MUS」を発表

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録