アリババ、戦略投資部門で従業員3分の1をリストラ 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アリババ、戦略投資部門で従業員3分の1をリストラ 

alibaba
続きを読む

中国IT大手のアリババ集団が、戦略投資部門の従業員の3分の1以上を解雇することが分かった。同部門の従業員約110人は、主に中国本土で勤務しているが、今回のリストラで約70人に削減される。すでに対象者には解雇通知が出されているという。中国メディア「鳳凰科技」が関係者の話として伝えた。

同社は2015年から21年にかけて、毎年平均で約44件の投資を実施してきた。18年は70件と最多で、出資額は計540億ドル(約7兆4800億円)に上ったが、21年は38件に減少し、出資額も計62億ドル(約8600億円)にとどまった。

22年に入ってからは、現時点で9件の投資を実施しており、出資額は計52億ドル(約7200億円)となっている。

【完全図解】巨頭アリババの投資戦略図・新興国編

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録