慣性航法及び統合測位ソリューションの「深圳導遠科技有限公司」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

慣性航法及び統合測位ソリューションの「深圳導遠科技有限公司」:シリーズAで数億円を調達

続きを読む

慣性航法及び統合測位ソリューションを提供する「深圳導遠科技有限公司」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「合創資本(Vinno Capital)」と「時代伯楽(Times Bole)」、コ・インベスターは「力合科創(Leaguer)」等。「星漢資本(Galaxy Capital)」が財務アドバイザーを務めた。同社は現在北京市、広東省、江蘇省に拠点を擁して、自動運転、ロボット、航空などの市場向けにソリューションを提供している。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手