渡米体外受精治療のコーディネーター「夢美生命」:シリーズAで約16億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

渡米体外受精治療のコーディネーター「夢美生命」:シリーズAで約16億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国人がアメリカで体外受精(IVF)を受けるためのサポートを行う「北京夢美科技有限公司(HRCFertility)」がシリーズAで約1億元(約16億円)を調達した。リード・インベスターは「鼎暉投資(CDH Investments)」、コ・インベスターはゲイ向け情報プラットフォームの「淡藍網(danlan)」。夢美科技は2013年に設立、妊娠を希望する顧客に、書類作成から渡米治療のコーディネートまで、多岐にわたるサービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録