AIベンチャーの「雲天励飛」:シリーズBで数十億円を調達し上場準備へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

AIベンチャーの「雲天励飛」:シリーズBで数十億円を調達し上場準備へ

続きを読む

顔認識技術等で知られるAIベンチャーの「雲天励飛(Intellifusion)」が、シリーズBで数億元(数十億円)を調達した。出資者は「信銀国際(China CITIC Bank International)」、「中銀国際(BOC International)」、「深圳市人民政府国有資産監督管理委員会」管轄のファンドを含む複数の機関。具体的な金額や調達後の評価額は非公開。同社は上海証券取引所に新設されるハイテクベンチャー専用ボード「科創板」への上場に向け、新シリーズでの資金調達を開始した模様。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手