ロシアで中国製スマホのシェア拡大、アップルとサムスンを抜きシャオミが首位 7月

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ロシアで中国製スマホのシェア拡大、アップルとサムスンを抜きシャオミが首位 7月

続きを読む

中国のスマートフォンブランドがロシアのスマホ市場で米アップルと韓国サムスンを抜き、市場シェアの過半数を占めるに至った。ロシア紙「コメルサント(Kommersant)」が伝えた。

記事によると、シャオミ(小米科技)が最も大きな伸びを示している。 シャオミは7月、 ロシアにおけるスマホ販売台数で首位となり、そのサブブランドである「POCO」と合わせて42%のシェアを獲得した。また、OPPO系列の「realme(リアルミー)」のシェアは、6月の13.4%から7月は17%に増加した。

インド政府、2万円未満の中国製スマホを販売禁止へ 

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録