東南アジアで活躍する企業をコンサルで支える「Jet Commerce」、約80億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

東南アジアで活躍する企業をコンサルで支える「Jet Commerce」、約80億円調達

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

東南アジアで企業向けコンサルティングサービスを提供する「Jet Commerce」がこのほど、シリーズBで6000万ドル(約80億円)を調達した。リード・インベスターは「錦秋基金(Jinqiu Capital)」「隠山資本(Hidden Hill Capital )」「浙江絲路基金(Zhejiang SilkRoad Fund)」、コ・インベスターは既存株主の「ATM Capital」など。

2017年にインドネシアで設立されたJet Commerceは、浙江省杭州市に本社を置き、インドネシアやタイ、ベトナム、フィリピン、マレーシアなどに子会社を設けている。現在は主に、戦略コンサルティング、店舗運営、マーケティング、顧客管理、倉庫・物流および技術サポートを提供している。主な取引先には、EC企業の「Shopee」や「Lazada」のほか、動画投稿プラットフォームの「TikTok」、スマホメーカー「OPPO」、ドローンメーカー「DJI」など各業界大手が並ぶ。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録